万全に対策を!紫外線から肌を守るための注意点

曇りや屋内でも油断できない紫外線

肌に悪い影響がある紫外線は、晴れている日だけでなく曇りでも注意が必要です。雲を通り抜けて地上に届いてしまうので、晴れた日と同様に紫外線対策しましょう。また、長袖を着ているから大丈夫というわけではないです。服の上からでも肌にダメージを与えてしまうため、UVカット加工がされた服を選ぶことをおすすめします。短時間の外出であってもダメージは積み重なっていくので、すぐに利用できるスプレータイプの紫外線対策アイテムなどを準備しておきましょう。また、紫外線はガラスも通過するため屋内にいる場合でも油断しないことが大事です。デスクワークの方も、しっかり対策しましょう。

乾燥対策を行うのも重要なポイント

日焼け止めを使う場合、塗る量を守ることが大切です。推奨されている量より少ないと、しっかり予防することが難しいため、たっぷり使いましょう。ベタついてしまうという場合は、仕上げがサラサラになるタイプを選んだり、パウダーを使うことをおすすめします。

また、肌が乾燥してしまうとターンオーバーが上手く行われずバリア機能が弱くなり、紫外線などの刺激から上手く肌を守ることができなくなるので注意が必要です。夏も汗や紫外線、エアコンなどの影響によって肌の内部は乾燥しているため保湿ケアを行いましょう。保湿ケアによってバリア機能が正常化して、紫外線から肌を守ることができます。紫外線の強い夏になってから、このようなケアを始めるのではなく早めに対策していくことがスキンケアでは重要です。

品川美容外科の起訴について詳しく