美容受難の夏!トラブルを避けて夏を楽しもう!

知恵と工夫で過酷な夏を乗り切る

夏は日差しが強くなりバカンス支度で心浮き立つ季節でもありますが、美容面を考えるとまさに受難の時期ですよね。しかし、日焼けが怖いからと室内に閉じこもるなんてもったいないでしょう。夏の太陽も肌みせファッションもマリンスポーツなども満喫したいと思いませんか。日本の夏はかなりの高温になりますし、湿度も高いですよね。さらに紫外線も強く、肌や髪、ボディには一日中ストレスがかかることになります。それでも、過酷な環境であることを全体にケアを組み立てれば、夏のダメージを残さずに済むでしょう。ちょっとした工夫で夏のキレイは加速しますよ。

シミにならないために即効ケア

夏のお肌の大敵といえば、紫外線ですが、日焼けは炎症なので、放置しておくとどんどんメラニンを生成してしまいます。シミ予防のためにもとにかく冷やすのが鉄則ですよ。冷蔵庫に入れた美白マスクで帰宅後は即効クールダウンしましょう。特に焼けた部分にはフィルムタイプでスペシャルケアがいいでしょう。外出先には冷凍タオルを持って行って、応急処置を心がけるといいですよ。また、体温が上がってしまうので、日焼け当日はバスタブは避けてシャワーだけにしましょう。翌日から浴槽につかり排出するのがベストですよ。

過敏になりがちなお肌には

紫外線のストレスはもちろんですが、大気汚染物質などもひどくなっているので、お肌は過敏になりがちです。夏なら汗をかいてぬぐうときの摩擦もストレスにつながりますので気を付けましょう。そんな時は、基本のケアに立ち返るのが一番ですよ。暑いと敬遠しがちですが、きちんとクリームを使うのも基本の一つです。夏こそ信頼できるクリームを一つ、お手入れに加えてみましょう。

品川美容外科の提訴について調べる