敏感肌でもメイクを楽しみたい!クレンジングと洗顔料のチョイスが重要です!

オーガニックだから安心なの?

ちょっとした刺激でもダメージとして感じやすい敏感肌の人や、春になると敏感肌に似た症状が起こるゆらぎ肌の人は、洗顔料やクレンジング剤に低刺激のものを求める傾向が見られます。それはごく当然のことなのですが、この時に気を付けたいのが、「オーガニックだから肌に優しくて安全なのだろう」という考え方。確かに植物由来の成分で作られていて、その植物が栽培された畑の土壌の品質も厳しく管理されているので、オーガニック系の化粧品は、肌にとっても優しそうに見えますよね。でも、体質によっては配合されている植物エキスにアレルギー反応を起こしてしまうことがあるので、絶対に敏感肌に良いとは言い切れないんです。使う前にパッチテストをしておくのがおすすめ。合成成分を使用していても、敏感肌に合うように研究を重ねて作られた、大手化粧品メーカーが提供する敏感肌用のスキンケア化粧品の方が、肌のことを徹底的に考えて作られてるんですよ。

リキッドやクリーム…、どれがベスト?

ベースメイクを厚く塗っている時にはクレンジング用のオイルかリキッドの方がいいと言われていますが、敏感肌にとって本当にぴったり合ったクレンジング剤の種類って、一体どれなんでしょうか。敏感肌の人も、濃い目のメイクをしている時はクレンジング用のオイルを使った方が、メイク汚れを残さず落とせます。しかし、クレンジングが肌に与える負荷は大きいので、普段から敏感肌の人はナチュラルでシンプルなメイクにしておいた方が無難だと言えます。薄いメイクならクレンジング用のミルクやクリームで充分です。

品川美容外科の訴訟まとめサイト