知らぬ間にカラダは冷えている?温活にトライしよう!

冷える習慣があちこちにある

現代女性を取り巻く環境にはカラダを冷やす要因がたくさんありますよ。気づいたら冷え症にという人も多いのではないでしょうか。現代人は交通機関が発達したことにより、歩く機会が減っています。そのため、カラダの熱を作り出してくれる筋肉の働きが減少しています。そのうえ、女性の社会進出が進み、座りっぱなしや立ちっぱなしなど仕事上、同じ姿勢を長時間続ける機会が増え、筋肉はカチカチ状態になっているのも要因の一つに入るでしょう。さらには、睡眠の質が悪くなっているので、寝返りの回数が減り、これらは全て冷えにつながっていくのですよ。加えて、食生活の欧米化も冷えにとって大きな深刻な問題を抱えています。日本人本来の食習慣に合っていないものを食べているので消化に時間がかかり、血流が悪くなるのですよ。また、パンやパスタ、ケーキなどの摂りすぎも体を冷やすので気を付けましょう。

冷えの積み重ねが招くトラブル

冷えは単に寒いという問題でなく、健康面でも美容面でもさまざまなトラブルを引き起こすでしょう。体温は1度下がることで、免疫力をおよそ30パーセント、基礎代謝をおよそ12パーセント低下させます。さらに体内の酵素の働きも落ちるので、肌荒れやイライラなどさまざまな不調を引き起こすでしょう。また、基礎代謝が低下しているということは、同じものを食べても太りやすく、体内の老廃物や水分代謝も悪くなるので、全身のむくみを招きます。ダイエットをする場合には、まずは冷えを改善することを心がけましょう。

品川美容外科の判例について詳しく